タイ研修いってきました

ネットショップのリピート率を上げる!基盤作り編〜フォローメールの重要性と作り方〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットショップのリピート率を上げる!基盤作り編〜フォローメールの重要性と作り方〜

こんにちは。EC部の山田です。

 

前回の記事で2回目の購入をしてもらうための3つのポイントをご紹介させて頂きました。

まだ読まれていない場合は、是非お読みください。

 

ネットショップのリピート率を上げる!最大の壁”2回目の購入”をしてもらうための3つのポイント

 

今回は、基盤作り編と称して、フォローメールの重要性と作り方をご紹介させて頂きます。

 

フォローメールとは?

受注した後に商品の状態や意見・感想などを伺う内容のメールのことです。

 

一般的に、商品の注文があってから配送が完了するまでに3つのステップがあるかと思います。

 

1つ目:注文確認メール(注文内容の確認・出荷予定日の報告・お礼等)

2つ目:入金確認メール(入金が無事完了したご連絡)

3つ目:商品発送メール(追跡番号の連絡・お礼)

 

そこに4つのステップとして、お送りするメールがフォローメールとなります。

フォローメールの内容としては、幾つか例を上げると

・商品到着の確認

・商品に不備がないか確認

・店舗の思い

・商品の使い方

・お客様の声

・商品コメント(レビュー)のお願い

・クーポンの配布

 

等を記載します。

 

フォローメールの重要性

お客様にとっては、メールが店舗側との唯一の連絡手段となります。

 

通常の3つのステップメールを充実させる事も重要ですが、フォローメールを送る事でお客様は、「大切に扱ってもらっている」「信用のおける店舗」と感じて頂ける事でしょう。

 

店舗で商品を購入したら、店員さんに必ず「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。」と感謝の気持ちを伝えられますよね。

ネット通販でもそれは当然のことです。

 

フォローメールを送るタイミングとしては、発送から7日前後が効果的です。

 

早速!フォローメールを作ってみよう!

いきなり完成度の高いフォローメールを作ろうと思わないで下さい。

あれもこれもと情報量が多くなりすぎます。

 

自分にあったフォローメールは、少しずつ改善してつくっていきましょう。

まずは、以下内容を準備しましょう。

1.ショップの想い/拘り

2.次回ご利用可能なクーポン
 ※モールによっては、自動発行されるサンキュークーポンが御座います。
 既に発行されている場合は、その旨を記載。

3.商品レビューの書き方

4.お問合せ先情報

 

準備が出来ましたら、以下に参考例を記載したので利用頂けたら嬉しいです。

時間があれば、取り扱い商材に合うコンテンツや小ネタを織り交ぜて掲載するのもお店の色が出てより効果的です。

 

楽天市場【●●店舗名●●】の店長「●●」と申します。

先日は、当サイトをご利用いただき誠にありがとうございました。

 

商品は無事到着致しましたでしょうか?

■■■■■■■■■以下ご注文商品■■■■■■■■■

注文情報

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪ショップの想い≫

1.●●●●●
2.●●●●●
3.●●●●●

≪次回ご利用可能なクーポン情報≫

URL:●●●●●

▼レビューのご記入方法はコチラでご確認下さい▼
URL:●●●●●

商品についてのご質問・使用方法等は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

▼お問い合わせはこちら▼
お問い合わせ先アドレス→●●●●●.jp
電話番号→●●●●●

今後とも【店舗名】をどうぞよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

 

まとめ

リピートとはお客様の信頼です!

 

中長期的に考え、リピート施策の1つとしてフォローメールを実践すると共に今までお送りしていた注文から発送までのメールも今一度見返して充実させましょう。

この記事を書いた人

山田 伸一やましん

EC事業部の山田です。5年前までは経理関係の仕事を主にしており、簿記2級まで取得。ただ・・・・簿記が生かされる事なく・・・現在はEC部マーケティングディレクターとしてネットショップの課題・原因に対して、今までの経験を元に改善策をご提案致します。私生活は基本的にアクティブでスノボが大好きです(#^.^#)

ネットショップ運営ネットショップ運営

BLOGBLOG

売れてるサイトはこんなに違う
あなたを求む。
  • RSSを登録する
  • Google+ Google+をフォロー

ランキングランキング

制作実績制作実績

企業の顔つくります。
売れてるサイトはこんなに違う。