タイ研修いってきました

Photoshopで金文字を作りたい方必見!!!Photoshopで金文字を作る方法!!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イキツケ制作所

初めまして。

WEB部の新人の宮下です。

初めてのブログなので何を書いたらいいか悩みましたが、前職のデザインでも多用したPhotoshopの技術をご紹介したいと思います。

前職でよく作っていたのが金色の立体文字です。

今回はPhotoshopを使った方法で作っていきます。

 

金色文字の作り方

前職のデザインは目立ってなんぼの世界だったので、とにかく派手なのが多かったです。

中でもこういった金色文字は高確率でバナーに使われています。

 

金にしたいテキストを打ち込む

色は適当に決めます。

 

グラデーションをかける

ツールバーから「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「グラデーションオーバーレイ」を選択。 

 色は黄色と茶色、白に近い黄色です。

 

 

カラーオーバーレイをかける

そのままでもゴールド感はあるのですが、もっと鮮やかな金にしたいので明るさを出すためにカラーオーバーレイをかけます。

カラー:f8d826

 

 

文字を目立たせる境界線を引く

金文字の境界線で多いのが黒か茶系ですが、茶系の方が主張しすぎず金色と馴染んでくれるので茶系の色にしました。

カラー:533d09

このとき白い光彩を内側に入れるとよりキラキラ感が出ます。

 

 

立体感を出すドロップシャドウ

立体感の出し方は他にも方法がありますが、ドロップシャドウが一番楽なので、今回はドロップシャドウを使います。

スプレットを100%にすることで、ぼやけずくっきりとした影になります。

カラー:513a06

 

 

 

さらに立体感&金属の硬さを出す!

そのためにベベルエンボスを使います。

ベベルとエンボスは立体的な効果をつけたいときに使用します。

今回はベベル(外側)を使って文字の周りを押し上げます。

 

 

仕上げにこういう光の素材を入れる

よりかっこよく綺麗に仕上がります。

こちら、描画モードを「スクリーン」にして上に重ねます。

 

まとめ

以上です!

難しく見えますが意外とそうでもなかったりします。

覚えていて損はないしできるようになると楽しいですよっ。

スタイルの登録をしておくと次使うときにすぐに作れるので便利です。

これを機に色んな金文字を作りましょう!

イキツケ制作所
この記事を書いた人

宮下 里絵

宮下 里絵rie miyashita

レジットの前はちょっと特殊な業界でデザインしてました。 お絵描きとお酒が好きです。毎週金曜日はストロングゼロの日。

WEB制作WEB制作

BLOGBLOG

売れてるサイトはこんなに違う
あなたを求む。
  • RSSを登録する
  • Google+ Google+をフォロー

ランキングランキング

制作実績制作実績

企業の顔つくります。
売れてるサイトはこんなに違う。
売れてるサイトはこんなに違う。
イキツケ制作所