タイ研修いってきました

【比較表付き】おすすめ主要ECカートシステム徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イキツケ制作所

こんにちは!レジットの松本です。

 

日々、様々なクライアント様とお話する中で、ECサイト制作のご依頼をお受けする機会も多いです。

コロナの影響もあり、ネットショップの需要が更に高まっているなと日々感じています。

 

そんな中、

「ECサイトを立ち上げたいけど、どのカートシステムを利用すればいいのか分からない」

「自社に合うカートが知りたい!」

「有料カートと無料カートってどう違うの?」

というご質問をよくいただきます。

 

今回はそのようなお悩みを抱えているネットショップ運営者様に向け、

おすすめ主要カートシステムの徹底比較をしていきます。

この記事を読んで最適なカートシステムを見つけていただけたら幸いです!

 

カートシステムの種類

まずはカートシステムの種類を簡単にご紹介します!

【モール型】

複数のサイトを扱っているAmazonや楽天市場のような大きなプラットフォームのことを指します。

ASP型

ASPとは「Application Service Provider」の略で、WEB上で提供されるサービスやプロダクトのことを指します。ASP型のカートの特徴は「サーバーを用意する必要がない」ということです。なので比較的安価でECサイトを構築することが可能です。

パッケージ型

ECサイトに必要な基本機能のみプロバイダーから購入して、それ以外のカスタマイズは自社で行う構築方法です。ASP型などに比べて費用がかかりますが、デザインの自由が効くという利点があります。

フルスクラッチ

0から自社でサイトの設計からデザイン、機能全てを設定してECサイトを構築する方法です。自社で全て構築するため完全無二のオリジナルECサイトが構築できますが、費用・時間・労力がかかる構築手法です。

 

安く手軽にECサイトを作りたいならASPカートシステムがおすすめ!

 

ASP型カートシステムを導入することで以下のようなことが実現できます。

 

・サーバー不要!簡単設定で通販サイト・ネットショップの立ち上げが可能

・デザインテンプレートやカスタマイズによりオリジナル通販サイトの立ち上げ

・多様な決済手段の提供

・在庫管理や梱包、発送

・顧客管理機能

・メルマガ配信機能

・リピート通販に関する機能(毎月の自動決済など)

・他のプラットフォームやツールとの連携

など

 

上記では様々なカートシステムの種類をご紹介しましたが、「比較的安価なコスト」「構築の手軽さ」を求めるのであれば、ASP型カートシステムがおすすめです!

 

主要ASP型カートシステムのご紹介

リピスト

リピストは株式会社PRECSが開発・運営しいてる定期購入専用のネットショップ作成ツールです。

定期購入は一度申し込んでもらえれば、長期間にわたり注文し続けてもらえられるので、

運営期間に比例して、売り上げが伸びていきます。

ネットショップにおける抜群のパフォーマンス性から、多くの企業がリピストを導入しています。

現在、リピストを利用し、月間1000万円以上の売上を記録しているネットショップ運営者様もたくさんいます。

 

【こんな人におすすめ】

・定期購入誘導に特化したショッピングカートをお探しの方

・使いやすい管理画面のカートシステムを探している方

・自分の好きなようにデザインしたい方

・サポート体制が充実しているカートを探している方

【費用】

◼︎ライトプラン

(目標〜300万/月)

月額費用:14800円

◼︎スタンダードプラン

(目標300〜1000万/月)

月額費用:39800円

◼︎プレミアムプラン

(目標1000万〜5000万/月)

月額費用:69800円

◼︎エキスパートプラン

(目標5000万円〜/月)

月額費用:398000円

【特徴】

・LPが簡単に作成でき、LP内に申し込みフォームを設置することも可能なので、

 商品に興味があるユーザーが逃げにくいような設計が可能。

(リピスト利用で、購入率(CVR)が2倍以上になったというデータもある)

・アップセル機能があり、客単価を上げることが可能。

・AmazonPayとの連携可能

・顧客情報が増えてもサイトが重くならない

・サイト内ほぼ全てのページデザインを自由にカスタマイズできるので、SEO対策も万全にできる

・メールサポートだけでなく、電話サポートも受け付ける充実のサポート体制

 

W2 ソリューション

日本マーケティングリサーチ機構が、2020年4月に「通販カートシステム 会社」においてインターネット調査を実施した結果、『生涯パートナーにしたい通販カートシステム会社 No.1』『セキュリティが強い通販カートシステム会社 No.1 』『最も売り上げ向上が期待できる通販カート No.1』の 3部門に選ばれたカートシステムです。

導入企業は、アパレル、食品、美容、家具など様々なジャンルのECカートシステムとして利用されています。

 

【こんな人におすすめ】

・カスタマイズなど独自機能を使えるカートシステムを探している

・将来的にフルスクラッチ仕様にしたい方

・セキュリティ強化されたECサイトを構築したい方

【特徴】

・業界TOPクラスの機能数を搭載しており、セールやクーポンなどの販促物からSNS投稿連携など最新の

マーケティング機能を搭載しているため、ECサイトの業務効率や売り上げ拡大を実現。

・業界No.1のセキュリティで、世界基準のセキュリティ対策。

 外部試験認証や第三者機関の監査も実施し、サイトに対する顧客からの信頼性向上へと繋げる。

・サイトデザインの自由度が高く、ブランディング向上・CV向上を実現できる。

 

shopify

 

カナダに本社があるShopify社が運営するカートシステムです。

2004年に創業され、175ヶ国100万店舗以上に利用され世界1位のシェアを有しています。

日本では2017年にローカライズされ国内でも多数利用されていて「越境EC」での利用も多いです。

 

【こんな人におすすめ】

・今後海外展開をしていきたい方

・安価な月額費用のカートシステムを探している方

【費用】

◼︎ベーシックプラン

月額費用:29ドル

◼︎スタンダードプラン

月額費用:79ドル

◼︎プレミアムプラン

月額費用:299ドル

【特徴】

・機能を拡張する「shopifyアプリ」が3000種類以上あるので、一般のECサイトの基本機能にはない特別な機能を

 低コストで追加することが可能。集客や外部サービスとの連携などに強みを発揮する。

・デザインテンプレートが1000種類以上の中から選べる。

・タイトルタグの最適化やメタディスクリプションの追加などが可能で、SEOに強いECサイトが構築が可能。

・月額29ドルという安価な値段から運用が可能。

・日本人スタッフも配置され、管理画面の日本語などローカライズが進められている。

 

  合わせて読みたい

▶︎https://www.legit.co.jp/shopify_subscription/14827

【無料】shopifyでサブスクを手軽に導入する方法【日本語で解説】

MakeShop

GMOメイクショップ株式会社が運営する2004年11月にリリースされたカートシステムです。

年間総流通額が8年連続業界No.1となっています。

業界最多の651機能数を持ち、店舗に合わせたショップを構築することができます。

 

【こんな人におすすめ】

・サポート体制が充実したカートシステムを探している方

・SEO対策にも強いカートシステムを探している方

【費用】

◼︎プレミアムショッププラン

月額費用:10,000円

 ◼︎MakeShopエンタープライズ

月額費用:100,000円〜

【特徴】

・業界TOPクラスの機能数

・初めての方にも安心なサポート体制があり、

 電話、メールのサポート以外に、ショップ様掲示板や、無料の多彩なセミナーを開催

・専門知識がなくてもSEOや集客ができるシステムが用意されている。

 

カラーミーショップ

GMOペパボ株式会社が運営する2005年2月にリリースされたカートシステムです。

本格的なECサイトを手軽で安価に開設できるサービスです。

 

【こんな人におすすめ】

比較的小規模な売上げの店舗で店舗デザインと商品の魅力を色々な手段で伝えて販売する商材におすすめです。

【費用】

◼︎レギュラープラン

月額費用:3,000円

【特徴】

・低価格の月額費用と販売手数料が無料。

・100種類以上のテンプレートをカスタマイズしてデザインも運営も自分らしくアレンジすることが可能。

・管理画面は「経験者用」と「初心者用」に分かれており、自分のスキルに合わせて選べる。

 

shopserve

株式会社Eストアーが運営しているカートシステムです。

 

【こんな人におすすめ】

・集客や販売促進などを色々と行う必要のある商材を売りたい方。

・老舗カートシステムを探している方

【費用】

◼︎ベーシックプラン

月額費用:16,500〜19,700円

 ◼︎プライムプラン

月額費用:22,000〜25,200円

 ◼︎プレミアムプラン

月額費用:46,800〜50,000円

 【特徴】

・ネットショップに不慣れな店舗の場合は自分のための専任担当者が付くので、

わからないことがあればいつでも連絡することができる。

・月商1,000万円を狙える仕組みが満載。

 

BASE

2012年にリリースされ、ショップ開設数130万以上(2021年1月時点)のカートシステムです。

 

【こんな人におすすめ】

月商10万円以下で、趣味や副業の店舗を作りたい方。

【費用】

月額費用:無料

BASE簡単決済利用料:3.6% + ¥40 

*別途サービス利用料3%

【特徴】

・月額費用無料で使える

・決済方法の設定が簡単

・集客力があまり強くない

・決済手数料がかかるので売り上げが上がるほど費用がかさむ

 

比較表】

さいごに

ネットショップ開設カートシステム は、固定月額費用がかかるところと、

商品が売れた時に料金がかかる仕組みの2種類です。

本格的に事業をしたい方には固定月額費用がかかるカートシステムの方がトータル的にコストが抑えられます。

月商10万円以上を見込む場合は、有料カートを選ばれる方がほとんどです。

それ以下の売上げで、趣味や副業の店舗では無料カートシステムが適していると思います。

 

本業としてECサイトを運営するなら、トータルでコストが安価となる有料カートがおすすめです。

 

今回は主要カートシステムのご説明をしましたが、カートシステムを導入した後、

不満があって移行しようと思っても工数がかなりかかってしまいます。

そのため移行できずに不満を持ちながら店舗を運営している方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、しっかりとした事前検討が必要です。

 

ご自身でカートシステムを決めるのが難しいと思った方は、

是非レジットにご相談ください。

 

まずはお客様のご要望を詳しくお伺いさせていただき、最適なカートシステムをご提案させていただきます!

イキツケ制作所
この記事を書いた人

松本 尚恵営業

化粧品、その他様々な商材を販売し現在に至ります。 芸術観賞、お笑い、ドイツビールが趣味。昼からのビールは最高!

小規模持続化補助金

ネットショップ運営ネットショップ運営

BLOGBLOG

売れてるサイトはこんなに違う
あなたを求む。
  • RSSを登録する
  • Google+ Google+をフォロー

ランキングランキング

制作実績制作実績

企業の顔つくります。
売れてるサイトはこんなに違う。
売れてるサイトはこんなに違う。
イキツケ制作所
小規模持続化補助金